斎藤一人さん “ 知恵は、みんなに教えてあげよう ”

2017/05/11 18:52
良い知恵とは、「う~ん」と考えに考え抜いて出てくるもの、ではないそうです。 “ ポンッ ” とひらめく感じ。 考えに考え抜いて、苦しみの中から生まれた知恵は、苦しみの波動を抱えているので、結局うまくいかないことが多いそうです。 そして、良い知恵が浮かんだときは “ みんなに教えてあげると良い ” そうです。 「せっかく思いついた知恵だから、誰にも教えないで、自分だけで実践しよう。」 そんな貧乏臭いことを言っていると、せっかくの良い知恵も腐ってしま..

続きを読む

お金を使うときも、感謝

2017/05/09 08:18
買い物などでお金を支払うとき、お金持ちの方は「ありがとう」と言うのだそうです。 これは店員さんに向かって言うだけではなく、お金に対して言っているんだそうです。 いろんな人の手を渡って自分のところにたどり着いた “ そのお金 ”。 そして、また長い旅に出て行く “ お金 ” に言っているんです。 「ありがとう。おかげで楽しい思いができたよ。  これから、またいろいろな所で働いてくれるんだね。  いつか戻ってきておくれ。」 感謝の気持ちを伝えなが..

続きを読む

斎藤一人さん “ 確信することと行動することが大事 ”

2017/05/07 17:49
「お金持ちになりたい」「幸せになりたい」 誰もが、そう願うのでしょう。 しかし、何か良いことを知ったり教えてもらったとき、実際に行動に移せる人は一部。 まして、継続できる人はほとんどいないと言います。 “ 行動すること ” の重要性を、斎藤一人さんは例話を用いて説明しています。 自分に確信を持ち、行動する 例えば、「 貯金通帳に1000万円貯めるんだ 」って思ったとする。 そうしたら、「 絶対に貯められるんだ 」って、確信をもたなければダメなんだ..

続きを読む

斎藤一人さん 「 初めに言葉ありき 」

2017/05/01 00:47
斎藤一人さんは、よく「 良い言葉を、1000回言いなよ 」と言います。 例えば “ ツイている ” とか “ 感謝します ” とか。 しかしこれに対して、“ 気持ちがこもっていないのに1000回言っても意味がない ” と反論する人がいるそうです。 正直、私も初めは “ 気持ちをこめないと意味ない派 ” でした。 ところが、斎藤一人さんの話は、もっと深かったんです。 言っているうちに、気持ちが芽生える 例えば、お経。 僧侶の方たちは、来る日も来る日..

続きを読む

「商売は飽きない」の誤解 ②

2017/04/17 09:17
斎藤一人さんは、“ 飽きない ” とは “ 秋がない ” ことと言います。 『 農業だったら、秋になれば収穫ができる。   でも、商いには秋がないの。  細々とやってたって、お客さんに飽きられたら不作は10年でも30年でも続く。   その代わり、商人は上手くやれば毎日が収穫の日になる。』 アフィリエイトも、同じことが言えます。 毎日が収穫日になる喜び サイトを作り上げる段階は、手間のかかることもあります。 最初から利益を出すことは難しいで..

続きを読む

「商売は飽きない」の誤解 ①

2017/04/17 08:52
よく“ 商売は飽きない ”と言います。 この意味を、 “ 商売は、飽きずにやることが大事 ” と思っている方は多いのではないでしょうか。 私も、そう思っていました。 しかし、斎藤一人さんは違うと言うのです。 お客さんが、どう感じているか 『 売る側が、飽きるとか飽きないとか、それはどうでもいいこと。  “お客さんが飽きない ”というのが大切。  うまくいっていないなら、“ 何かを変えろ ”ということなの。』 アフィリエイト・ブログなど..

続きを読む

もっと見る